【教習所】修了検定(仮免許試験)を丸1日やるパターンの流れ

f:id:yshinano:20180901182451p:plain

第一段階の学科、技能が全て終わり「みきわめ」も合格するとやってくるのが「修了検定」ですね。仮免許試験とも言う人もいますが。これに合格することで仮免許が貰え、第二段階に進むことができます。

修了検定1日パターン

教習所によって修了検定の時間も全然違いますので今回は1日パターンを紹介。

ちゃんと親切に短い時間で受験できるように組んでいるところだと半日くらいで終わりますが、ほぼ1日拘束されるところもあります。

運転して筆記試験受けるだけなのに1日もかかるのかよと憂鬱になりますよね。わかります。では1日パターンの流れを。

受付&説明

指定された時間に教習所に行って、受付で修了検定を受けにきました〜と言うか、案内みたいなのが貼ってあったりするので指定された場所に行く。

だいたいが教室にまずは集合させられると思います。

 

時間になったらその教室で修了検定の受験番号や流れ、走るコースの説明があります。

そして視力検査や聴力検査などをするところもあります。だいたいは視力検査だけかな?

実技試験開始

説明が終わったら実技試験が開始。ドキドキ。

コースを車で走るわけですが自分の番号の1つ前の番号の人の運転する車の後ろに乗るパターンが多いです。

 

流れとしては自分が3番目に運転するのであれば

ロビーなどで待機→1番の人が運転(後部座席に2番の人)→2番の人が運転

このタイミングで自分は後部座席に乗ることになるので準備と発着所で待機しておかなければなりません。

 

後部座席に乗っている時は、基本何をしていても自由ですが、だいたいはコースを復習したり注意するポイントを走っている車を見ながら確認しておきましょう。僕は「いや〜余裕っす」みたいな顔していましたが、心の中はドッキドキ。

 

もし、順番がトップバッターだったらもう腹をくくって頑張れ!

合格発表

全員の実技試験が終わったら合格発表が。

受験番号をボードに書くパターン、機械などで表示するパターン、口頭で呼ばれるパターン色々あります。正直、ここで合格してしまえばこっちのもの。

修了検定の何が面倒くさいって実技試験に合格しないと学科試験を受けることができないこと。実技落ちたらまた後日に1から受けなければいけませんが、実技さえ受かってしまえばもし学科試験を落ちてしまっても後日、学科試験からスタートできますからね。

 

ただ、修了検定の学科試験はそこまで難しくはないのでちゃんと勉強しておけば意外とテスト開始で問題を見た時に「あれ?」と拍子抜けすると思います。

昼休憩

1日パターンの場合、この昼休憩を挟みます。学科試験まで時間を潰さなければなりません。お昼ご飯を食べながら、一応勉強しておきましょう。

学科試験

学校のテストと同じようにテストを受けます。

ある程度勉強していけば、こんな問題10分くらでへっちゃらだぜーと思ってしまうんですが、いざ本番やってみると意外と時間を使ってしまいます。

別に難しくて悩んだり〜というよりかは、ちゃんと問題を読まないとうっかりミスで点数が減ってしまっては損なのでしっかり1問1問問題文を読みましょう。

何回も練習問題とかやっているときは、ついつい問題を飛ばし読みしがちですが本番それをやって落ちたら嫌ですもんね。

学科の合格発表

実技試験と同じ様に合格発表が行われると思います。

無事全て合格した人たちは別の教室などに集められ、そこで二段階の説明が始まります。

説明&先行学科

実技と学科の緊張で心も身体もクタクタになっていると思いますが頑張りましょう。

君たちはこれから路上に出ますということで、頑張れよ気合入れろよみたいな話と仮免受かったからって無免許運転はやめろよみたいな話などなど。

 

一通り終えるとここで、二段階の先行学科を受けてくださいと言われます。もちろんここで帰る事もできますがこの先行学科を受けないと二段階に進めないので基本的にそのまま受けることになります。入校式でも同じ様にこの学科を先にやらないと先に進めないと言われるあれです。先行学科と呼ばれるものですね。

 

教習所によって違いますが、修了検定を1日通してやるところはこの先行学科もセットで用意されているような感じです。なるべく時間を作ってまとめてここで終わらせておいた方が楽です。

前日は眠れないしドキドキするし

学科も技能もここまで順調だったし修了検定も楽勝楽勝と思っていましたが、試験前日はやっぱりソワソワしましたし眠れなかった。

本番に弱いタイプの自分にとっては「今まではミスらなかったのに本番でミスったらどうしよう」って思ってしまうんですよね。そしたら頭の中はミスをすることでいっぱい。

 

修了検定では「S字」や「クランク」が待っています。これだけでも嫌なのに本番はいきなり他人を後ろに乗せて運転。あーもう終わった。こりゃダメだ。って。

後ろの人乗せてもしミスったら「あっ、こいつミスったやん」って思われるじゃないですか。「れっ、練習ではミスらなかったのに!」っていう言い訳はできないし、しても意味がないわけで。。。あーやだやだ。

 

でも本番が始まってしまえばこっちのものです。どれだけ緊張していても車に乗ってハンドル握ったら運転に集中できるので大丈夫。