【学科】高速道路に関する問題のワードまとめ 本線車道や最高時速、二方向通行などなど

f:id:yshinano:20180907004231p:plain

高速道路は「高速自動車国道」「自動車専用道路」の2種類がある。

高速自動車国道と自動車専用道路を通行できないのは「ミニカー」「総排気量125cc以下」「定格出力1.00kw以下の普通自動二輪車」「原動付自転車」

高速道路の問題に関するワード

最高速度

高速自動車国道 = 100キロ(80キロ)

※最低速度は50キロ

自動車専用道路 = 一般道路と同じ60キロ

中型貨物自動車

【高速自動車国道の最高速度】

車両総重量8トン未満の中型貨物自動車 = 100キロ

車両総重量8トン以上の中型貨物自動車 = 80キロ

本線車道

加速車線・減速車線・登坂車線・路側帯・路肩は含まない

加速車線

加速車線は本線車道に含まれないので最低速度に達していない場合でも構わない。

ただし、速度を出さないと逆に危険なので注意。

車間距離

高速道路での車間距離は路面が乾燥していてタイヤが新しい場合は、走行している数字をそのままメートルに変えた距離以上とる。(80キロなら80メートル、100キロなら100メートル)

やや左寄り

走行中は左側の白線をめやすにやや左寄りを通行して、後方の追い越す車との接触事故防止になる

故障車の表示

  • 昼間は、自動車の後方の路上に停止表示器材を置かなければならない
  • 夜間は、停止表示器材とあわせて、非常点滅表示灯か駐車灯または尾灯をつけなければならない

故障の際に使用する停止表示灯の色は紫色。

路側帯・路肩

通行してはならない。

故障や事故などの理由の場合は、他の車の妨害にならないような十分な幅のある路肩や路側帯に駐停車しても良い。

二方向通行

f:id:yshinano:20180907002059p:plain

この標識がある高速自動車国道の本線車道の最高速度は60キロ。

スタンディングウェーブ現象

タイヤの空気圧が低い状態で高速走行を続けたことでタイヤの後ろに波の形が現れる現象。高速走行するときは、タイヤの空気圧を「やや高め」にしておく。 

ハイドロプレーニング現象

タイヤと路面の間に水の膜ができ、ハンドルやブレーキがまったく効かなくなる現象。

水でおおわれた路面を高速で走行することで起きる。 

 

 

 

二輪車はこちら。

二輪車の問題を解きやすくするために覚えておきたいワード