卒業検定の流れと内容 走るコースを覚える必要はないのでその分気は楽だが何が起きるかは分からない

f:id:yshinano:20180913104003p:plain

 

自動車学校最後の試練、「卒業検定」。

これに合格することで自動車学校を卒業する事ができます。そして本免学科試験での技能試験が免除される卒業証明書を手に入れる事ができます。

卒業検定の流れ

卒業検定では最初に路上を走り、その後戻ってきて教習所内で「縦列駐車」か「方向変換(右)」か「方向変換(左)」のどれかをやります。

自動車学校に戻ってからこの3つのうちどれをやるのかは当日発表。そして何が嫌かと言うと例え路上がパーフェクトでも戻ってきてから、縦列や方向変換を失敗すればそれで不合格になるという。また別の日に路上から走らなければならない。

 

こんな話を聞いたら、緊張しますよね。

最後の最後まで気を抜けない試験となっています。

卒業検定当日

指定された教室で待ちます。そこには今日教習所内で何をやるのかが発表されています。自動車学校によっては全員が集まってから発表というのもあるかもしれませんが、だいたいは机に紙が置かれていたりスクリーンなどに映していたりするところが多いのではないでしょうか。

 

「今日は、コレをやるのか・・・」

教科書を開いて縦列駐車なら縦列駐車を、方向変換なら方向変換のページを見直しました。そして自分がやっているイメージをして時間まで待ちます。

説明と視力検査

集合時間になったら指導員から説明が始まります。

出席の確認と卒業検定の流れの説明です。全て終わるとここで視力検査をするところはします。教習所によってはしないところもあるとかないとか。

 

一通り終わると、卒業検定は複数人で車に乗って路上を走るのでそれの割当が発表されます。「◯号車の車には誰々さんと誰々さん」みたいな。そして順番もここで発表されます。

だいたいは2人〜3人で乗ります。自分は2人で乗るのが良かったのですが運悪く3人の車の方になってしまった。余分に1人自分が運転しているのを見られるという緊張感が増す。

卒業検定準備

指定された号車の教習車に乗ります。最初は指導員がスタート地点まで運転します。

初めて指導員が運転している姿を見たのがこれが最初で最後。

心の中で「プライベートでもちゃんと自動車学校で教えているようなやり方で運転してるのかな」などなど思いながら後部座席から見ていました。 

卒業検定開始

トップバッターが運転開始。約15分〜20分くらい(道路状況によって異なります)走って指導員が指示した場所に車を停めてエンジンを切り運転手が交代。

とうとう自分の番がやってきます。

自分の番

車に乗ったら鍵をロックして座席の位置やらミラーの位置、シートベルト、エンジンをつけるなどなどいつも通りの事をやります。もう身体に染み込んだこの一連の流れですが卒業検定では1つ1つ自分の中で確認します。

 

非常点滅表示灯(ハザード)を消し、ウインカーを出し、発進。

卒業検定では助手席に座っている指導員が指示を出します。「次の信号を右に曲がってください」とか「2つ目の信号を左に曲がってください」など。

仮免許試験の時はルートを覚えないといけなかったので、そこは楽。記憶しながら走るという作業がない分、余裕が少しあります。

 

路上運転は得意な方でしたが、1番怖いのが本番で何が起きるか分からないというところ。仮免許試験の時は教習所内で走るのでハプニングなどは想像範囲内でしょう。しかし路上では何が起きるか分かりません。

今日の天気は?季節は?から路駐している車は?急に突っ込んでくる車や歩行者はいるかいないか?などなど。その時その時で条件や難易度が変わってきますよね。

「指導員にブレーキを踏まれたらその時点でおしまい」というのは分かっていたので慎重に、でもスピードはちゃんと出して運転をします。

 

指導員「あそこで停めてください」

と指示があったら、左に寄せて停車します。教習所によっては「あの3本目の木のところで〜」とか「停車できるところで〜」とかバラバラだと思うので、そういう説明は卒業検定前の説明でどういった指示をするのか教えてくれると思います。

 

ちゃんと停車措置をしたら指導員が「では行きましょうか」みたいな事を言うので今度は車を発進させます。ちゃんとハンドブレーキやウインカー、非常点滅表示灯などしっかり確認してやりましょう。ただそっちに意識ばかりしていると目で安全確認していないって事になってしまうので臨機応変に。

 

指示された道を走りながら「歩行者急に飛び出してくるなよ・・・くるなよ」と思いながら慎重に目をギョロギョロ動き回しながら運転をしていると、指導員から「あの◯◯のところで停めてください」と言われました。

2回目は駐車措置です。ここでしっかり駐車措置を行いエンジンを切って交代。

まだ終わらない

ちゃんと最後まで走れたと思っていてここでホッとしてしまいそうですが、卒業検定はまだ終わっていません。教習所内に帰ってから最後の課題が待っています。

まだ終わっていないのになぜか「終わった〜」とついつい思ってしまいリラックスモードになってしまって「やばい、なぜか達成感に満ち溢れている」と思いながら教習所に帰ったのを覚えています。

最後の課題

この日、教習所内でやるのは「方向変換」の左。

路上を一緒に走ったメンバーで、同じ順番でやります。1人目、無事成功。

そして自分の番に。

 

技能教習の時はスイスイ簡単にやっていましたが、本番では慎重にやります。

安全確認もしてミラーを見たり窓から顔を出して入れていきます。「幅寄せ」はして良いという話を教習中に聞いていたので卒業検定でもやる気満々でしたが綺麗に1発で入り方向変換する事なく無事成功。

合格発表

全員が戻ってくるまで指定された場所で待機。椅子に座りながら「最後まで走ったんだし合格だよね?」と思っていると「もうこれでこの自動車学校ともサヨナラか」なんてちょっぴり寂しい気持ちになったりした。まだ合格と決まったわけじゃないのに。

 

スマホで調べていると県によって卒業検定は「不合格の瞬間に試験が終わるところ」と「不合格でもそのまま最後まで一通りやらせるところ」があるというのを見つけて、ここで不安になる。

試験が終わった後に車の中でそれぞれのダメだったところを指導員から教えられます。その言葉を思い出し「あれ、もしかして不合格なのか?」と少し震える。

 

長い長い待ち時間。殺すならさっさと殺してくれ状態。

約30分くらいで全員が集まった。そこからも長い。まだまだ待つ。

そしてそこから15分くらいしたら合格発表が始まった。自分の受験番号が表示されたら合格。なければ不合格。

 

そして無事、自分の受験番号があり合格しました。

教習所内では「きゃー」とか「やったー」みたいな声が聞こえてくるのかと思いましたが意外と皆冷静だった。

卒業検定の流れはこんな感じ

この後に卒業証明書などを貰う卒業式がありますが、卒業検定自体はこれで終わりです。先ほども言いましたが、卒業検定は何が怖いかというと路上で何が起きるか分からないというところ。

採点は減点方式なのでどれだけ素晴らしい運転をしてもプラスにはなりません。逆に1つミスをすれば点数はサッと引かれます。

路上ではどんな事が待っているか分かりません。色んな場面を想定して、自分はその時どうするべきなのかをしっかり考えて準備しておいた方が良いでしょう。

 

卒業検定が終わったら卒業式があります。ここで必要な書類を貰って自動車学校を卒業して最後は、本免学科試験が待っています。