高速教習は怖い!?最初は怖いけどいざ走ってしまえば怖くない

f:id:yshinano:20180914131917p:plain

 

二段階の終わりの方に技能教習で高速道路を走る「高速教習」があります。

「嘘だろ・・・もう高速走るのか?死ぬのか?」と震えていたのを覚えています。

 

高速教習の前には高速道路が実際にどんな感じなのかを体験できるシミュレーターをやります。地域やその時の高速道路の状況によってはこのシミュレーターで終わるところもあるそうですが、だいたいは高速教習で高速道路を実際に走るでしょう。

それに正直あのシミュレーターは何の練習にもならないような。。。

いつもの車に乗せんかい!

高速教習の時だけ違う車に乗って行くというところが多いのではないでしょうか。自分が通っていた教習所も高速教習の時だけ違う車でした。しかも外車。

ハンドルは一応右に付いていますが、ワイパーとウインカーは逆仕様。普段は右手でウインカーを操作しますが、今回だけは左手で操作する事になります。

アクセルとブレーキの踏み心地も全く違う。目線の高さも感覚もいつもと全然違う。

 

これでしかも初めての高速道路。

免許持っていない人間が初めて乗る車でウインカーも逆で初めての高速道路。

心の中で「死にてぇのか!?いつもの車に乗せんかい!」とキレていました。

 

なぜ、高速教習だけ外車なのかという説明は詳しくはしてくれませんでしたが、積んでいるエンジンが素晴らしいからアクセルを軽く踏むだけでスピードが〜みたいなことを言っていた気がします。他にも色んな理由があるんでしょうけど、それはどうでも良い。いつも練習している車で行きたかったな〜と思いながら高速教習開始です。

高速教習の内容

基本的に複数教習。2人〜3人で交代しながら走ります。

自分の時は自分入れて生徒は2人でした。「行き担当」と「帰り担当」に分かれます。

場所によってはサービスエリアなどで交代するそうですが、自分のところはサービスエリアには寄らず高速を降りて一般道で交代という流れ。

怖い怖い高速教習開始

ビクビク震えながらハンドル握ってワイパーを動かしていましたが(ついついウインカーのつもりが右手で操作してワイパー動かしてしまう)流れに乗って走ってしまえば意外と怖くありません。

100キロ出して走ったりもしますが、「あれ?こんなもん?」とスピードが出ている感じはあまりない。路上を走っているときは歩行者など運転以外で気をつける事が沢山ありますが高速道路はそれがないので走りやすいんですね。もちろんスピードは出ているので前の車との距離などちゃんと気をつけて走らなければいけませんが。

合流さえ何とかなれば大丈夫

皆の流れに入って走ってしまえばだいぶ気は楽になるので後は最初の高速道路本線への合流でしょう。合流しようとして「すみませ〜ん、入れてくださいな〜」みたいなスピードだと本線を走っている車も困ってしまいます。

加速車線ではある程度スピードを出し、周りのスピードに合わせていきます。

スピードを出さない事が1番危ないと思っておいた方が良いです。

 

実際に自分が初めて高速教習で合流を初体験した時は心の中で「オラオラオラ!スピードこんなに出してまっせ!本線に入れさせろや!」くらいの勢いで叫んでました。

もちろんこんな勢いで強引に入るのも危険なのでその辺はちゃんと考えて。気持ちはこのくらいの方がってことで、スピードを出さずスッと入る方が危ないよということです。

 

でも、だいたいは教習車って分かれば皆スペースを作ってくれます。

優しさ半分、高速を走る教習車=危険な車なので皆避けます。ただ、その考えに甘えすぎていると危険なのでしっかり周りの車を確認してスムーズに入れるように頑張りたいところ。

高速教習は怖いけど怖くない

高速教習は怖い。一歩間違えれば死ぬ場所ですが、合流さえ頑張れば後は大丈夫。

1番危険なのはスピードを出さない事ブレーキを踏んでしまう事。特にブレーキは、いつもの感覚で踏みがちになってしまうかもしれませんがアクセルを離せば80キロ100キロで走っている車ばかりなので一瞬で前の車は遠くに離れていきます。

前の車の車間距離ばかり気にしてブレーキを踏むと後ろから追突される可能性が高くなるので注意。