今から取得する普通免許で乗れる車は?準中型免許ができた事で学科試験にも影響が

f:id:yshinano:20180914235803p:plain

 

今から普通自動車の免許を取る場合や最近普通自動車免許を取った人は注意。

2017年3月12日から「準中型免許」ができたことで、普通免許で乗れる自動車の範囲が狭くなりました。

普通免許で乗れる車

現在、普通免許で乗れる車は車両総重量3.5トン未満、最大積載量2トン未満の車です。普通免許ではもう2トントラックには乗れません。

 

この条件に当てはまるのは2017年(平成29年)3月12日以降に免許を取得した人のみです。昔に免許を取得している人はこれに当てはまらないので注意。

 

  • 平成19年6月1日までに普通免許を取得した人

車両総重量8トン未満 最大積載量5トン未満の車に乗れる

 

  • 平成29年3月11日までに普通免許を取得した人

車両総重量5トン未満 最大積載量3トン未満の車に乗れる

 

  • 平成29年3月12日以降に普通免許を取得した人

車両総重量3.5トン未満 最大積載量2トン未満の車に乗れる

 

 

このように変わっていきました。

普通免許で4トンまで乗れていた事の方が不思議な感じですよね。それが2トンまでとなり、そして1.5トンまでと制限がどんどんついています。

 

車両総重量とは
車の重量+最大積載量+乗車定員の重量(1人55キロ計算)
 

準中型免許が誕生

普通免許で4トントラックどころか2トントラックすらも乗れなくなったということで、「準中型免許」というのが新設されました。普通免許と中型免許の間に位置する免許です。

 

準中型免許は

車両総重量3.5トン以上7.5トン未満

最大積載量2トン以上4.5トン未満

の車に乗れるようになります。 

中型免許は20歳以上という条件がありますが、準中型免許は18歳以上で受けられます。ここもポイント。

昔の感覚でいる人もいるので注意

ずいぶん昔に普通免許を取得している人にとっては、この普通免許で運転できる条件が変わった事を知らない人も多いです。知る機会がほとんどないですからね。

なので悪気があるわけではなく普通に「普通免許持ってるならアレ運転できるよね〜」みたいな感じで頼まれて、最近取得した免許で運転していたらその車が2トントラックで無免許運転でした〜みたいな事にならないように注意。

免許を持っていても乗れる条件に当てはまらなければそれは無免許運転になってしまいます。

 

今から教習所に通ったり合宿免許(最短13日取得可のyi免許)などで普通免許を取得しようとしている人はこれに注意。 

学科試験で混乱しない為に

準中型免許ができたということは、今から免許を取得しようとする場合に勉強する範囲に入ってきます。学科試験にも出てこないとは言い切れない。

 

ただでさえ、免許を取得する為の試験には色々ややこしい数字が登場しますが、準中型免許のせいでより覚えることが増えますよね。「この車両総重量◯◯、最大積載量◯◯の車を◯◯免許で乗った」みたいな問題も出てくるかもしれません。

普通免許で乗れる車を覚える

まず最初は基準となる普通免許で乗れる数字を覚えます。

  • 車両総重量3.5トン未満
  • 最大積載量2トン未満
  • 乗車定員10人以下

これを頭に叩き込みます。これは普通免許を取得した後も覚えておかなければならない数字なので絶対に覚えておきましょう。

中型免許で乗れる車を覚える

次に中型免許で乗れる数字を覚えます。

  • 車両総重量7.5トン以上11トン未満
  • 最大積載量4.5トン以上6.5トン未満
  • 乗車定員11人以上29人以下

なぜ準中型を飛ばして中型なのか?

中型免許で乗れる数字を覚えることで、この数字より下で普通免許の数字より上の数が出てきたらそれは準中型免許だなと覚えやすいから。

そして中型免許より上の数字が出てきたらそれは大型免許とこれまた分かりやすい。

この2つを覚えることで全ての範囲を網羅することができます。

 

準中型の乗車定員
普通自動車と同じで乗車定員は10人以下

大型・中型免許の受験資格

中型免許の受験資格は、免許期間が通算2年以上で20歳以上
大型免許の受験資格は、免許期間が通算3年以上で21歳以上