警察官などがやる手信号の意味は?災害の時の為にも覚えて損はなし。停止位置も

f:id:yshinano:20180916002428p:plain

警察官や交通巡視員による手信号の意味。これは学科の問題にも必ずと言っていいほど出てくる問題。しっかり学習しておきましょう。

そして実際に災害や停電などによって信号が止まってしまったときにも使われるものなので覚えておいて損はありません。信号が止まってしまってから「あれ?これって何の意味だっけ?」とあやふやな記憶で事故を起こさないためにも。

手信号の意味

腕を横に広げている

f:id:yshinano:20180915233431p:plain

警察官が腕を横に広げている場合は、その警察官に並行する交通は青色の灯火の信号と同じ意味になります。上の画像で言えば青矢印の道路からやってきたと考えてください。

 

警察官に対面する交通は赤色の灯火の信号と同じ意味になります。上の画像で言えば赤矢印の方からやってきたと考えてください。

 

よく勘違いしがちなのが、警察官に対面する交通(赤矢印)からやってきた人が警察官が腕を広げているので「直進はできないけど右左折はできる」と思ってしまうこと。これは間違いなので注意。

腕の位置が真横だろうが下だろうが警察官に対面する交通は赤信号です。

腕を垂直にあげている時

f:id:yshinano:20180915234403p:plain

腕を横に広げていた場合は、その警察官に並行する交通は青色の灯火と同じ意味でしたが腕を垂直に上げた場合は、黄色の灯火の信号と同じ意味になります。上の画像でいえば黄色の矢印の道路です。

 

腕を垂直に上げた場合でも先ほどと同じ様に警察官に対面する交通は同じく、赤色の灯火の信号と同じ意味です。上の画像でいえば赤色の矢印の道路です。

灯火による信号

夜間など、手信号ではなく灯火を使っている場合の信号の意味。

灯火を振っている

f:id:yshinano:20180915235632p:plain

灯火を振っている場合、その灯火が振られている方向と同じ方向の交通は青色の灯火の信号と同じ意味になります。上の画像で言うと青矢印の道路。
 

そして警察官に対面する道路は手信号の時と同じ様に赤色の灯火の信号と同じ意味になります。

灯火を頭上に上げている時

f:id:yshinano:20180915235912p:plain

これは手信号の時と全く同じですね。腕を上げたのか灯火を上げたのかの違いだけで意味は同じ。

灯火を振られていた方向と同じ交通に対しては黄色の灯火の信号と同じ意味。

警察官に対面する道路は、赤色の灯火の信号と同じ意味となります。

 

ポイント
・灯火を持っているけど、灯火を振らず腕を広げた手信号という事もあります
・腕を水平に広げている時も下げている時もありますが意味は同じ
 

動きの流れ

腕を広げる(青信号)→腕を上に上げる(黄色信号)→そのまま身体を90度にクルッと回る(黄色信号)→腕を広げる(青信号)という流れです。夜に灯火を使ってこれをやっている姿を見るとめちゃくちゃかっこいいです。

停止位置

  • 停止線がある:停止線の直前
  • 停止線がない:交差点ではその直前。横断歩道などがある場合はその直前
  • なにもない:警察官( 交通巡視員)の1m手前

 

 

ついでに覚えておきたい「警笛鳴らせ」と「警笛区間」 

警笛鳴らせと警笛区間の違いは?見通しに関係はあるのか